« 掲示板を作りました | トップページ | 熱い夜!(めそ編) »

第1回ヒゲオニ大会

昨夜、第1回ヒゲオニ大会にご参加の皆さん、お疲れ様でした~。今後の改善、発展に繋げるために、大会の様子をまとめておこうと思います。

5/6(土)22時、場所はジェノヴァの郊外。集まった人数は5名でした。入口付近で、ダイスによるチーム分けを実施。2名と3名の2チームに分かれて艦隊を組み、ゲームをスタート。特に制限時間とかは設けませんでした。

050606_234039

ここでゲームのルールを簡単に説明すると・・・ (1)敵チームの者を「指差し」したら、指さされた者はチームを移動。お互いに指さしたら、早かった方が有効。 (2)どちらかのチームが5名になったら、そのチームが勝利。

ま、鬼ごっこのバリエーションですかね。1戦目は、(メガネ君、めそ)チームと、(まよパパ、ベガ、コロッケ)チームです。みんながフィールドに散った時点でバトルを開始。
ジェノヴァ郊外でも結構広いので、隠れていてはなかなか相手に遭遇しません。じれて動き始めたところで、敵(めそ)を発見! 物影に隠れて近付くのを待っていると、めそも気付いていたらしく、指の差し合いに。勝負はめその勝ちでした。ここで最初の発見。「キャラの視線と、プレイヤーの視線のギャップに気を付けよう」 プレイヤーが前を向いていても、プレイヤーのビューが後ろだったりするので、要注意な訳でした。その後、ベガをめそ、まよパパをメガネ君が仕留めてゲームオーバー。完敗でした。

再び、入り口付近に集まってチーム分け。今度は(メガネ君、めそ、ベガ)チームと(まよパパ、コロッケ)チームとなりました。3人で勝てなかったまよパパ、コロッケは苦戦が必至です。そこで、ふたりは入り口付近の窪地に陣取り、分散した敵を各個撃破する作戦にでました。

・・・が、誰も来てくれません。いろいろ、companyチャットでちゃちゃを入れてみますが、相手にもしてもらえません。そこで、まよパパ発案のジェットストリームアタック!(ふたりだけどw) 追尾機能を利用して、ひとりが操縦、ひとりが狙撃を担当する戦闘機スタイルです。コロッケが操縦桿を握り、まよパパが窮屈な銃座に座るといざ発進! 獲物を狙って大胆にフィールドを疾走。ほどなくして、メガネ君撃墜! 救助に来たベガも撃墜。目前のめそを狙い、二手に分かれて追撃。しかし、運動性能に勝るめそは逃げ切り、その上、まよパパを撃墜w その後、メガネ君とベガを仲間に加えて、新チームでめそチームを追う。今度は正真正銘のジェットストリームアタック! ほどなく、めそチームを粉砕してゲーム終了。

うーむ、捕虜が味方になる将棋方式は、退屈しない代わりにメンバーの入れ替わりが激しくて、混乱するな~。あと、ジェットストリームアタックが強力すぎ・・・頭脳戦というより、出会い頭の反射神経勝負になってしまう。改善の余地ありだな~。

そんなこんなで2戦目終了。2戦目が長期化したことを踏まえて、臨時検討会。ここでの意見は・・・

(a)将棋方式だと、ゲームが長期化するし、ゲーム性が希薄かも。負けたら抜ける?
(b)慣れると、より巧妙に隠れて、長期化するかも。
(c)缶蹴りのような、ゲームにしようか?

といったもので、次は缶蹴り方式にしました。今度はオニを決め、プレイヤーは捕まると復活はなし。全員オニに捕まるか、誰かだ缶を蹴るとゲーム終了ってことにしました。缶を本当に蹴る訳にはいかないので、「白い花」を缶に見立て、プレイヤーは白い花を指さすと缶を蹴ったことにし、オニはプレイヤーを指させば、缶を踏んだことにしました。

さて、始まってみると、これがなかなか面白い! プレイヤーは白い花周辺の茂みに身を隠し、オニの様子を探ります。他のプレイヤーの動きも見えるので、なかなかの緊張感。鬼ごっこより気持ちが盛り上がります。初戦はコロッケが缶を蹴って終了。2戦目はコロッケがオニになるも、あっけなく缶を蹴られて終了。ここで問題点。オニがひとりでは、缶から離れられない。ということで、3戦目はオニをふたりに。

そして3戦目。オニはベガとコロッケ。まずは速攻でまよパパを捕まえる。うん、幸先が良い! 次の獲物を探して花から離れていると・・・ カーン! アチャ、缶を蹴られてしまった。なんと、ベガがまよパパのささやき戦術に掛かってしまったらしい。野村監督か~>まよパパ まよパパの知謀は底を見せず、次々と繰り出されてくるな~w

悔しいので最後にもう1戦。オニはめそとまよパパ。さっきの仕返しばかりと、缶の脇を駆け抜けようとしたところで、いきなりアウトw その後、メガネ君も捕まる。ふたりとも「セーフティゾーンだと思ったに・・・」 なかなか間合いを取るのは難しい様です。その後、ベガの果敢な攻撃も実らず、ゲームオーバー。

最後に反省会(?) 海事の低いプレイヤーがNPCに襲われることへの対応が必要との課題や、カリカットだとスリリングという意見?などあり。遺跡とかをフィールドに加えると更に面白そうです。奥地だと入れないプレイヤーもあるので、その調整も含めて今後の課題ですかね。

まるまる2時間、大いに楽しめました。みんなメルシー!

|

« 掲示板を作りました | トップページ | 熱い夜!(めそ編) »

「航海日誌」カテゴリの記事

コメント

NPCに捕まっていたのは、ぱぱだけさ^^
まよまよーTT

投稿: まよぱぱ | 2006/05/07 18:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76201/9941463

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回ヒゲオニ大会:

« 掲示板を作りました | トップページ | 熱い夜!(めそ編) »