« 2006年7月 | トップページ | 2007年7月 »

第1回公式コロンブスレース(9)

表彰式最後は3位純仏チーム。海賊に度々襲われ災難続きの航海でしたが、それに打ち勝ち無事にゴールした結果は立派です。

 ソレイユ>さて、3位は
 ソレイユ>れんたろう・ルイーサ・ビクトールのフランス混成チーム!
 ソレイユ>つらい旅だったようですが、一言どうぞ
 ビクトール>疫病!
 れんたろう>まあ、オイラたちならこれくらいの成績は当然だな!
 ビクトール>だな!

逆切れですか?どうぞ、これで怒りを収めて下さい・・・

080606_002618
ドーティ詰め合わせセット!!が3位の賞品でした~。

080606_004032_1
残念ながら(?)女性は着られないのでこちらを・・・。


そして、最後にオブザーバー参加だったOrphyeneより一言。

 Orphyene>応援しながら
 Orphyene>自分じゃやりたくねー とw
 Orphyene>万一の場合のサルベージ役でついてきますた

どうもありがとうございました。>Orphyene

最後に実行委員長より・・・

 ソレイユ>514年と2日前
 ソレイユ>コロンブスはこの様な困難な航海を経て
 ソレイユ>10月11日に、サンサルバドル島に辿り着きました
 ソレイユ>その時の(特に船員の)気持ち
 ソレイユ>少しは感じられたでしょうか?
 ソレイユ>少しでも感じられたのなら、レースの企画者として嬉しく思います
 ソレイユ>バカを通り越してマゾまで行ってしまった本レースにお付き合い頂き
 ソレイユ>今日は本当にありがとうございました!

080606_004842_2

本当にお付き合い頂きありがとうございました。楽しい一夜を送ることができました。次回(?)もお楽しみに!
080606_000418_1
・・・w

| | コメント (1) | トラックバック (0)

第1回公式コロンブスレース(8)

表彰式です。酔狂にも熾烈なレースに参加して下さった各チームの栄誉を称え、ヒゲ部よりささやかな賞品が提供されました。

080606_000840
表彰はその名も”ミスターS”こと、ソレイユです。

080606_000928
優勝チーム=多国籍チーム

 ソレイユ>どうぞ、一言感想を
 ビクトール>^(ノ゚ー゚)ノ☆パチパチ・・・テヘヘッ(*゚ー゚)>
 レスタージュ>いや~なんともひどいレースでしたw
 レスタージュ>でもおかげで楽しい時間がすごせました~
 ルフェーブル>真性のドM魂を発揮できましたw

優勝賞品はフランス国旗にちなんだ宝石3点セット(サファイヤ・キャッツアイ・ルビー)
各210個詰め合わせセットでした。

080606_001701
準優勝チーム=クマさんチーム

 ソレイユ>では、感想をどうぞ
 シエン>とりあえず、ラスパ-サンファン転蛇無しで、地図職人のメンツが守れました
 めそ>おおーー
 ソレイユ>おおお!
 レスタージュ>おお~
 コロッケ>すげー
 ソレイユ>ソレはスゴい!
 レスタージュ>地図職人なんだ!
 コロッケ>さすがネーデル
 シエン>メルカトール師匠の元で日々精進してます
 ソレイユ>まさかそんな神業だとは思いませんでした

準優勝ですが、最後までカッコ良いクマさんチーム!賞品はインド香辛料、詰め合わせセットでした。(ハチミツではなくてちょっとざんねんそうでしたw)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回公式コロンブスレース(7)

ミラクルタッチダウンなりませんでした(涙)

 ベルゼブブ>あと3人w
 スギを釣り上げました
 めそ>ヒゲの意地を見せるんだ!
 レスタージュ>ソレイユ氏挫傷中w
 ラドチョウ>オレに花冠を~w
 船員が交易品を盗んでいるようです
 スギを1失いました!

もう、何がなにやら判りません。てんやわんやですw

 フラミィ>いちばーん!!

ここで、多国籍チームがハバナに到着!

 ベルゼブブ>全滅しましたw

ここで、ゴール目前にしてヒゲ部チームはリタイア。他チームより先に天竺に着いてしまいました(涙)

 カルヴァトス>ハバナだっハバナがみえるぞっ
 シエン>( ゚∀゚)うふふふふ
 ダグラス>ついたー

めでたく、クマさんチームが2着でゴール。

 ソレイユ>はるのやチームは今どこに!?
 れんたろう>えーとね
 ビクトール>ドミンゴのうえくらいw

そして、3着は純仏チームとなったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回公式コロンブスレース(6)

さあ、いよいよカリブステージです。何度もカリブを訪れているベテラン航海者には大凡の配置も判っているでしょうし、海賊の居場所も分かっていることでしょう。各艦隊の状況もまちまちで勝負の行方は予断を許しません。

さて、先頭を行く多国籍チーム。船員1名の艦隊を2隻を引き連れ直行かと思われましたが・・・

 レスタージュ>疲労の限界で船員が倒れ始めたw

ん?疲労の限界の言うことは食料切れなのでしょうか?思っていたより食糧事情は芳しくなかったようです。よって、サンファンに寄港。

 レスタージュ>補給だ!

そんな時、ヒゲ部チームでは大問題が発生していました。

 コロッケ>南にずれているな

そうなのです。クマさんチームにフェイントを掛けた時に、航路が微妙に南にずれていたのです。そのため、サンファンに寄港すると時間に大きなロスが発生します。寄港=敗北という状況がヒゲ部チームに強行を決断させたのでした。

しかし・・・ハバナは遠かった(涙)

 船員たちが疲労の限界です!
 疲労の限界で船員が倒れています!
 疫病が発生しました!
 ラドチョウ>疲労の限界コンボきますたw
 ラドチョウ>ばたばた逝きます
 コロッケ>でもあと少しだ
 疲労の限界で船員が倒れています!
 クロスストラップサンダルが壊れてしまいました!

大事なサンダルが~w

 ソレイユ>陸地が見えてるのはレスタージュの所だけ?
 フラミィ>ほ。
 ラドチョウ>ひそかにリードしてるかもです
 ベルゼブブ>疲労結構来てますw
 ラドチョウ>全滅の予感w

夢想と現実、希望と絶望が入り交じる戦い。サンファンのある島(プエルトリコ)を南から潜り込んだヒゲ部チームは先頭を行く多国籍チームのわずか後方を航行しているはずです。海賊に一回絡まれれば逆転する位置なはず。早くハバナよ見えてくれ~。

だが、イメージより大きいカリブの島々でした。

 ラドチョウ>もうじき終わるw
 ラドチョウの船員が全滅しました!
 疲労の限界で船員が倒れています!
 コロッケ>よし切り離す
 ラドチョウ>マズヒw
 コロッケ>ベルだけで行ってくれ
 レスタージュ>補給してから平穏無事に航海中w
 追従を解除しました
 ベルゼブブ>うぃ
 ラドチョウ>超ガンバレw
 レスタージュ>切り離し宣言w

順調にゴールへ近づく多国籍チームに対して、ヒゲ部チームは船員が残っているベルゼブブに最後の望みを託したのでした。ミラクルタッチダウンなるか!

080506_234543
艦隊を解散後、スキルを使って回復。船員1名でゆっくりとハバナへ移動中。

080506_2345431
ちなみに場所はここでした。(ちゃんと解散してから測量は使ってますからw)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回公式コロンブスレース(5)

つづいて、カリブ海域が近づいた各艦隊の状況をハイライトとともにご覧下さい。

◎純仏チーム
 クマさんチームが疫病の仲間を切り捨てる場面で・・・

 カルヴァトス>One For All、 All For One
 フラミィ>すげー。
 ルイーサ>おおおおお
 ダグラス>お前達の物資は無駄にしないぜ
 カルヴァトス>俺たちの物資をもっていってくれっ
 れんたろう>mine is mine,yours is mine.

 というわけで、ジャイアン率いる純仏チーム、只今最後方。


◎クマさんチーム
 一度は仲間を分離したクマさんチームだが・・・

 ダグラス>疫病を治した仲間をまた組み込む
 シエン>置き去り二艦疫病回復
 シエン>米粒程度の先行艦に追従成功。うそくせぇぇぇ!!
 ソレイユ>テクニックテクニックw>シエン

 なんと、一度切り離した艦隊が疫病から復活したところで、再度艦隊を組み直す超高等テクニックを発動。3隻が再び集合し、助け合いながらカリブを目指します。現在2位グループ。


◎ヒゲ部チーム

 コロッケ>ヒゲ部は少ない水を分け合って航行中 ビブラ!ヒゲ魂

 そうなのです。幸い災害の少なかったヒゲ部艦隊は、食料も水も細る中、船員がわんさと乗った状態で航行中。しかも、ポジションは2位グループという悩ましい位置。カリブで寄港すると後退し、寄港しないと食料切れ濃厚・・・難しい選択に迫られていたのでした。

080506_2328221
こんな感じで満員御礼w


◎多国籍チーム

 レスタージュ>うちの艦隊すでに2隻が船員1w
 フラミィ>陸地ーーーーーーーーー!

 最初は出遅れた多国籍チームが、いつの間にか先頭に。ある意味、もっとも食料については最も理想的(?)な状況です。このまま、ハバナに直行してぶっちぎりの優勝なのか?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回公式コロンブスレース(4)

では、ここでレース序盤の状況を整理してみましょう。

まず、先頭は寄港をしないで直行方針を取った純仏チーム。
続いて、地理学大国ネーデルの威信を背負うクマさんチームとヒゲ部チームが併走。
そして、スタートダッシュに失敗した多国籍チームがそれを追う展開。

しかし、直行した純仏チームには早々に災害が連続し・・・。

 ビクトール>船員@2人w
 シエン>はやっ!!
 ダグラス>はやw
 レスタージュ>w

早くも難破しそうな船が発生。しかし、結果として食料にゆとりが発生する結果に?・・・熾烈すぎです。
その後も、過酷なレースが続き・・・

 シエン>ネーデルチーム、疫病の二艦を残して非情の分離wwwww
 ダグラス>疫病の仲間を切り離し一人治った自分だけ航行中w
 レスタージュ>うっはw
 コロッケ>なんと~
 ルフェーブル>うはw
 ソレイユ>鬼だ!w
 レスタージュ>切り捨てキタコレ
 カルヴァトス>One For All、 All For One

ついに、落伍者も発生! 多くの人間ドラマを生みつつ、レースはいよいよ佳境へと入っていく。ちなみにレース中のログから主要なキーワードを拾ってみました。

 ネズミ 15回
 栄養不足 2回
 火災 3回
 賞金首 3回
 幽霊船 10回
 壊血病 3回
 反乱 5回
 疫病 41回!
 そして・・・全滅 8回(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回公式コロンブスレース(3)

レースはセビリアの沖で、ヒゲ部の見目麗しい女子マネージャーのアルジャノンの掛け声ではじまった。

080506_224908
参加者の船が大きいのでスターターが一番貫禄あるw

さて、レースが始まると選択肢はふたつ。目的地カリブ(いやインドw)に直行するか、それともマディラやラスパルマスに寄港するか? 他の艦隊でさっそく「栄養不足」「ネズミ」「疫病」と災害が発生する情報を聞いて、ヒゲ艦隊は完走優先を選択。ラスパルマスに寄港して、補給をするといざカリブに!他のチームも序盤の苦戦を受けてほぼ、ラスパルマスなどで寄港した模様。

ヒゲ艦隊は出航後、しばらくラスパルマス沖でクマさんチームと併走。ヒゲ部のアドバンテージは一度この航路を体験していることである。そこで、迷将!コロッケはクマさんチームにフェイントを掛けることを決断。大きく舵を南に切って、クマさんチームから急激離談。はたして、この作戦は成功するのか!

かなり順調に進んでいたヒゲ艦隊であるが、徐々に悪魔が近づいて来る。ネズミが発生し、そして疫病へと発展。徐々に蝕まれていく。しかし、他の艦隊はもっと悲惨な状態。

多国籍チーム・・・3隻壊血病発生
純仏チーム・・・幽霊船5隻と格闘中
クマさんチーム・・・全員疫病(合掌~)

という状態。この状態(下写真)でも、順風満々というべきなのか~。

080506_232822

ていうか、ゴールできるのか!?w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回公式コロンブスレース(2)

前回の試行と今回の公式レースで変更された点は、副官のスキルを封じる点。試行レースであまりに副官が働き者だったため、災害を次々解決し緊張感が少ないレースとなった反省を生かしたものである。各自副官を見張り、主計長、兵長に設定し、災害解決をさせない様にする。これで相当過酷なレースになるはずだった。しかし、邪悪な大会委員長がコロンブスについて語り始める・・・

「さて、ではここで追加ルールの発表ですw」
「コロンブスは、インディアスへの旅に船員を募集したのですが、希望の半分しか集まらず、残りは囚人だのなんだのをかき集めて、なんとか、人数確保したそうです。」

080506_223612

はい、その「まさかです」w

080506_223640


これで疫病、反乱は確実に起こるはず。果たして、船長がマストからぶら下げられることにならないのか?!M度が更にアップしていよいよ熱戦の火蓋は切って落とされようとしている。

「みんなインドに行きたいか~!」

080506_224258_1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

第1回公式コロンブスレース(1)

8月5日(土)の夜、以前より計画されていた「コロンブスレース」が遂に挙行されました。ご協力頂いた皆様に感謝しつつ、大会の模様をご紹介致します。

開会時刻22時なり、集まってきた参加者は主催者であるヒゲ部チーム以外に3チーム。まずは、その横顔をご紹介しましょう。

Renta_1
はるのやwithビクトール 純仏チーム
 れんたとう(C)
 ルイーサ
 ビクトール

Resuta
レスタージュが率いる多国籍チーム
 レスタージュ(C)
 フラミィ
 ルフェーブル

Kuma_2
・・・クマさんチーム!fromネーデル
 シエン(C)
 ダグラス
 カルヴァトス

Hige
ヒゲ部チーム
 ベルゼブブ(C)
 ラドチョウ
 コロッケ

コスプレチームあり、カリブへの入港許可を持たない参加者もあり、これから始まる地獄のレースに似つかわしくない雰囲気の中、主催者ソレイユより大会規約の一部変更が伝えられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2007年7月 »