« 第1回公式コロンブスレース(5) | トップページ | 第1回公式コロンブスレース(7) »

第1回公式コロンブスレース(6)

さあ、いよいよカリブステージです。何度もカリブを訪れているベテラン航海者には大凡の配置も判っているでしょうし、海賊の居場所も分かっていることでしょう。各艦隊の状況もまちまちで勝負の行方は予断を許しません。

さて、先頭を行く多国籍チーム。船員1名の艦隊を2隻を引き連れ直行かと思われましたが・・・

 レスタージュ>疲労の限界で船員が倒れ始めたw

ん?疲労の限界の言うことは食料切れなのでしょうか?思っていたより食糧事情は芳しくなかったようです。よって、サンファンに寄港。

 レスタージュ>補給だ!

そんな時、ヒゲ部チームでは大問題が発生していました。

 コロッケ>南にずれているな

そうなのです。クマさんチームにフェイントを掛けた時に、航路が微妙に南にずれていたのです。そのため、サンファンに寄港すると時間に大きなロスが発生します。寄港=敗北という状況がヒゲ部チームに強行を決断させたのでした。

しかし・・・ハバナは遠かった(涙)

 船員たちが疲労の限界です!
 疲労の限界で船員が倒れています!
 疫病が発生しました!
 ラドチョウ>疲労の限界コンボきますたw
 ラドチョウ>ばたばた逝きます
 コロッケ>でもあと少しだ
 疲労の限界で船員が倒れています!
 クロスストラップサンダルが壊れてしまいました!

大事なサンダルが~w

 ソレイユ>陸地が見えてるのはレスタージュの所だけ?
 フラミィ>ほ。
 ラドチョウ>ひそかにリードしてるかもです
 ベルゼブブ>疲労結構来てますw
 ラドチョウ>全滅の予感w

夢想と現実、希望と絶望が入り交じる戦い。サンファンのある島(プエルトリコ)を南から潜り込んだヒゲ部チームは先頭を行く多国籍チームのわずか後方を航行しているはずです。海賊に一回絡まれれば逆転する位置なはず。早くハバナよ見えてくれ~。

だが、イメージより大きいカリブの島々でした。

 ラドチョウ>もうじき終わるw
 ラドチョウの船員が全滅しました!
 疲労の限界で船員が倒れています!
 コロッケ>よし切り離す
 ラドチョウ>マズヒw
 コロッケ>ベルだけで行ってくれ
 レスタージュ>補給してから平穏無事に航海中w
 追従を解除しました
 ベルゼブブ>うぃ
 ラドチョウ>超ガンバレw
 レスタージュ>切り離し宣言w

順調にゴールへ近づく多国籍チームに対して、ヒゲ部チームは船員が残っているベルゼブブに最後の望みを託したのでした。ミラクルタッチダウンなるか!

080506_234543
艦隊を解散後、スキルを使って回復。船員1名でゆっくりとハバナへ移動中。

080506_2345431
ちなみに場所はここでした。(ちゃんと解散してから測量は使ってますからw)

|

« 第1回公式コロンブスレース(5) | トップページ | 第1回公式コロンブスレース(7) »

「航海日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76201/11504551

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回公式コロンブスレース(6):

« 第1回公式コロンブスレース(5) | トップページ | 第1回公式コロンブスレース(7) »